子どもの取り違え

子どもの取り違え

最近、子どもの取り違えが何年、あるいは何十年も経ってからわかったというニュースがありました。
映画やドラマでも好んで取り上げられるストーリーですが、こうしたケースは以前から、時々、見聞きしますね。
実の我が子だと思って育ててきた子が他人の子だったのはショックだと思います。
過ぎ去った時間は取り返すことができませんが、お互いが納得できる解決策を見つけてほしいと思います。
事実は小説より奇なりという言葉がありますが、人生にはこうした降ってわいたような出来事がおこるものです。
人間はいろんな経験をするほど、成長すると言います。
何が起きても、それをプラスに転じさせるかどうかは本人次第だと思います。
そうしたプラス思考で人生を歩んでいきたいものです。